日本共産党入間市議団 市民こそ主人公!福祉とくらし守る市政を
写真:安道よし子議員
安道よし子議員

市民に説明せず、入間基地拡張となる造成工事を進めるなんて!!

 防衛省が、航空自衛隊入間基地(埼玉県入間市、狭山市)の拡張計画を進めている問題で12日、「ストップ入間基地拡張!市民の会」や東町の方々、梅村さえこ衆院議員、柳下礼子県議、猪俣市議(狭山市)や平和委員会の皆さん方と一緒に北関東防衛局(平井啓友局長)を訪ね、「市民説明会の開催を求める要請書」を提出しました。

 入間基地に隣接する入間市東町側留保地には、自衛隊病院と災害対処拠点の設置が計画され、防衛省によると、8月下旬から工事が開始されます。

 7月に入っても説明会の広報がないのはおかしい!として、直接北関東防衛局への要請となりました。

 「市民の会」の小川満世代表委員は席上、これまで防衛省は、計画について説明する場を設けてこなかったとして、「工事が始まれば、近隣住民の生活に大きな影響をおよぼす。早急に内容について、住民に説明してほしい。また、説明会の参加対象は、留保地周辺の住民だけでなく、(狭山市も含めた)基地周辺の全住民にしてほしい」と訴えました。

 応対した、北関東防衛局企画部地方調整課基地対策室の山本正明補佐は「入間市と調整し、工事開始までには説明会を実施したい」と回答しました。


会場内には、30人を超える方々が参加し、説明会の開催を求めたにも関わらす、具体的な回答はなく、不誠実そのものです。

 基地に関しては、地元地域の皆さんへの丁寧な説明が何よりも大切なはずです。

改めて、説明会の実施を求めるものです。



〒358-8511 埼玉県入間市豊岡1-16-1 入間市役所内 TEL:04-2964-1111
Copyright(c)2006-2009 日本共産党入間市議団 All rights reserved.