日本共産党入間市議団 市民こそ主人公!福祉とくらし守る市政を
写真:安道よし子議員
安道よし子議員

教員の長時間勤務の改善・藤沢北学童保育室の改修を

 教員の多忙化、長時間勤務が社会問題に。文科省の調査で中学教員の約6割、小学教員の約3割が過労死ライン以上の残業が明らかに。

 私は市内教員の実態について質問すると、週40時間から80時間が61%。80時間超は18・8%。100時間超は3.4%と厳しい実態が明らかに。

 多忙化の要因について質すと、教育長は指導要領改訂による授業時間数の増加が大きく、研修や調査報告の増加等多岐に渡ると答えました。

 私は安倍内閣の教育改革が最大の要因と指摘し、市に対策を求めると、教育長は教育支援員の配置や調査・報告の縮減、冬休みの短縮、部活動の外部指導者等で対応すると消極的です。

 平成32年度本格実施に向け、来年度から小学校で英語科が導入されると学校現場は更なる負担に。私は専門教員の配置を強く求めました。

 藤沢北学童保育室は老朽化が進み待機児童が発生。私は子育て支援として施設改修を強く要請しました。



〒358-8511 埼玉県入間市豊岡1-16-1 入間市役所内 TEL:04-2964-1111
Copyright(c)2006-2009 日本共産党入間市議団 All rights reserved.