日本共産党入間市議団 市民こそ主人公!福祉とくらし守る市政を
写真:安道よし子議員
安道よし子議員

国保の減免拡充と増税中止・信号機の設置等

 4月から国保は都道府県化されました。入間市は税率改定により増税の通知が6月に各家庭に通知されました。市民からの問い合わせは、150件で税率に関する問い合わせとの答弁でした。入間市は、今年に続き、来年も増税計画があります。
 負担の限界を超える増税は中止すべきと質すと、市長は「2回の増税で当初の10億円は達成した。税率改定は今後提示される標準保険税率をみて検討する」と答弁。国保世帯の多くは年金生活等でやりくりも限界。申請減免制度の活用は29年度3件に留まっています。私は「申請減免制度の基準を拡充して払える国保税に」と質すと、広域化の中で検討すると消極的な答弁でした。
【この他】@久保稲荷一丁目さつき産業そば交差点に信号機の設置を求めました。
A富士見公園内の老朽化したトイレ改修を求めると、出来るだけけ早く改修したいと答弁。



〒358-8511 埼玉県入間市豊岡1-16-1 入間市役所内 TEL:04-2964-1111
Copyright(c)2006-2009 日本共産党入間市議団 All rights reserved.