日本共産党入間市議団 市民こそ主人公!福祉とくらし守る市政を
写真:吉沢かつら議員
吉沢かつら議員

「高倉小学校を残して!」住民説明会で意見続々

今日は高倉公民館で行われた公共施設統廃合の住民説明会に参加しました。

この間私は、扇町屋公民館、東町公民館での説明会にも参加しましたが、参加者が少なく東町では議員を除くと参加者は1人。住民説明会への周知が徹底されていない状況した。

ですが今日は、お子さん連れのパパ、ママさんなど資料や席が足りなくなるくらいに集まっていました。

出された意見は
「高倉は公民館も小学校もなくなる。防災拠点もなくなるので心配」
「学校も公民館もなくなれば、この地域に住もうという人がいなくなる。高倉の地域が衰退してしまう」
「『高倉』という名のつく施設が全てなくなる。高倉が『排除』されてる感情を持ってしまう」
「10月に学校も近くていいところだと思い引っ越してきたばかり。なのに学校がなくなることに驚いている。引っ越してこなければよかったと思っている」
「子どもたちのことを考えると学校は残してほしい」などなど。

高倉の住民にとって公民館も小学校もなくなるというのは、本当に大きな問題です。住み続けられないという危惧をもたれるのも当然です。

この住民説明会は3回目で、予定ではこれで最後ですが、やはり、このままではいけません。市はもっと、公共施設マネジメント計画(私は統廃合計画と言っています)を住民に知らせ、住民の意見を尊重すべきです。



〒358-8511 埼玉県入間市豊岡1-16-1 入間市役所内 TEL:04-2964-1111
Copyright(c)2006-2009 日本共産党入間市議団 All rights reserved.