日本共産党入間市議団 市民こそ主人公!福祉とくらし守る市政を
写真:吉沢かつら議員
吉沢かつら議員

公共施設統廃合・市役所建て替え問題

2日、5日と市議会のお公共施設最適化検討特別委員会が開かれました。
前回お話しした、市議会としての「意見とりまとめ」について話し合われました。

共産党としては、市民意見がどのように反映されるのか現時点では不明であり、そのような中で、市議会として意見をとりまとめること自体に反対しました。

委員長は「『要望書』として提出したい」「賛成多数で決をとる」としていましたが、
入間市議会のルールでは、特別委員会での要望書や意見書は全会一致が基本です。
反対者がいれば、要望書は提出できません。

この点を主張し、要望書としての提出は断念させましたが、
すったもんだした結果、委員会として「中間報告」を提出することになりました。

共産党以外の3会派の意見が一致したため、これらの会派の主張がメインです。

3会派の意見は、
@公共施設統廃合計画には賛成
A市役所・市民会館の耐震化については、市役所単独建て替え、市民会館は現在の建物を耐震工事+中規模改修すること
としています。

市執行部としては、12月議会開会中に「公共施設マネジメント事業計画」「市役所等整備計画」の原案を、公表し議員に説明できるよう準備をすすめているところです。



〒358-8511 埼玉県入間市豊岡1-16-1 入間市役所内 TEL:04-2964-1111
Copyright(c)2006-2009 日本共産党入間市議団 All rights reserved.