日本共産党入間市議団 市民こそ主人公!福祉とくらし守る市政を
写真:吉沢かつら議員
吉沢かつら議員

「病は強み」

【病は強み】
病気は苦しいですよね。だから本人や家族にとって辛い出来事です。でも病気や障害て、決して『弱み』じゃないですよね。
議員とかしてて、人によっては「弱みにつけ込まれるから病気や障害は隠した方がいい」て言う人いるんです。病気の公表は本人の判断ですべきです。しても、しなくてもいい。ただ、他人からそう言われると、「違くない?」て思う。
病気や障害は、絶対に『弱み』じゃない。そう言う考え方て、病気や障害に対する偏見を生み出すと思う。
しかも議員だって人間なんだから、病気になることも、障害を持っていることもある。当たり前じゃん!
とくにメンタルの病気てネガティブなイメージだから隠したがる傾向にあるけど、私はそうは思わない。「苦しさ」を経験してるって、むしろ人間として議員として『強み』よね。
なので私は、ホームページ上で「うつ病」になったこと、現在も「適応障害」であることを話しています。同じ病気の人を元気付けられることもあると思うし。
あと候補者を売り出す時に「明るく元気」みたいなの好きじゃないですか?
私、これも実は気にくわないの(笑)。だって、議員だって候補者だって「暗くて虚弱」でいいじゃん!!
「明るく元気」が良いって、価値観の押し付け、個性の否定だよ。
共産党もそういう傾向にあるので、ちょっと言いたくなりました。
「暗くて虚弱」。まあ私のことなんですけどね😆
北海道フェアで、いももちとマルセイのビスケット買ってきた!今日はラッキーデイ✌️



〒358-8511 埼玉県入間市豊岡1-16-1 入間市役所内 TEL:04-2964-1111
Copyright(c)2006-2009 日本共産党入間市議団 All rights reserved.