日本共産党入間市議団 市民こそ主人公!福祉とくらし守る市政を
写真:吉沢かつら議員
吉沢かつら議員

台風被害と公共施設統廃合

遅くなりました。入間市での台風被害の状況(14日15時現在)です。
詳しい内容や最新の状況は来週、議会に報告がありますが、今わかっているところまで。

住宅などの被害は、床上浸水7棟(豊岡4、藤沢1、西武2)、床下浸水26棟(豊岡18、宮寺・二本木2、藤沢6)、一部破損等1棟。
その他、非住家の床上浸水1件、車両水没1件、宅地内浸水など7件。

人的被害はなかったのですが、浸水のあった住宅の片付けでケガされた方がいるそうです。

避難所へ避難した方の人数は、とりあえず豊岡地区に限定して報告させてもらいます。
12日21時の時点で、扇町屋公民館51人、久保稲荷公民館19人、東町公民館18人、黒須公民館70人、高倉公民館70人、中央公民館8人。
豊岡小33人、東町小0人、扇小12人、黒須小(16時55分閉鎖)、高倉小170人(ちなみに高倉小の170人は市内で一番多い避難者数でした)。
豊岡中45人、東町中8人、向原中0人、黒須中(15時30分閉鎖)。

全域的には、高倉公民館は避難者多数のため受け入れを停止、西武公民館、黒須小、西武小、黒須中、上藤沢中は増水による危険から受け入れを停止しました。

21時時点で市内の避難所への避難者数は、総合計で1461人にのぼりました。

避難所については、もうすでに色々なご意見を頂いています。
「公民館や学校が統廃合されたら避難所はどうなるのか」という意見が多数聞かれます。

本当にその通りです。
私たちも統廃合の問題では「災害時に避難所となる公民館や学校を統廃合していいのか」と議会で訴えてきました。

とくに今回、統廃合の対象となる高倉公民館はすぐに避難者で満杯、高倉小も170人と多くの方が避難しました。
高倉小と統合予定の黒須小は増水の危険で受け入れ停止。
統廃合の対象にはなっていませんが黒須中も同じく受け入れ停止。
統廃合された場合、黒須、高倉の方はどこに避難すればよいのでしょうか。

西武地区でも、同じく増水の危険で西武小、西武公民館の受け入れを停止し、野田中への避難が呼びかけられました。こちらもまた野田中が統廃合で廃止の対象になっています。

今回の状況を受けて、公共施設の統廃合について、あらためて見直しが必要ではないでしょうか。







〒358-8511 埼玉県入間市豊岡1-16-1 入間市役所内 TEL:04-2964-1111
Copyright(c)2006-2009 日本共産党入間市議団 All rights reserved.