日本共産党入間市議団 市民こそ主人公!福祉とくらし守る市政を
写真:吉沢かつら議員
吉沢かつら議員

一般質問通告しました!

3月議会が今日、告示されました。
体調悪くてヘロヘロの日々。
今日は、市役所に行って一般質問の通告をし、議案書・予算書のインデックス貼り→家に帰って休んで→新聞配り→家に帰って休んで→病院行ってスーパー行って・・・。
ふぅ。
でも、議会のお仕事イヤじゃないです。
議案書とにらめっこ、パソコンとにらめっこ。
疲れて集中できないこともあるけど、集中できると、いろんなモヤモヤから解放されます。
一般質問とかも、質問の出来の良しあしに関係なく、終わると「ドーパミン出てるぞー!」という感じの達成感があります。

さて、一般質問の通告は以下の通りです。
今回はジェンダー平等について取り上げます。
私自身、絶対に間違った認識が刷り込まれてます。
だから、この問題を取り上げるのは難しいなぁと思ってきましたけど、自分のお勉強もかねて取り上げさせていただきいます。
あとは生活保護制度の周知。
このことは、これまでも取り上げてきました。
そんなおりに、またも餓死事件のニュース。
こういう悲しい事件が起きないように、制度の周知を徹底してほしいのです。
いろんな想いを込めて、質問します!!

地域からジェンダー平等の実現を目指して
1、選択的夫婦別姓(民法改正)における動向と戸籍事務を扱う自治体の長として見解は
2、各種相談事業の現状と周知、支援の拡充を
3、性暴力等の被害から守るための体制
4、働く女性の権利と賃金格差、ハラスメント被害の防止について
5、女性の貧困とひとり親家庭の相談・支援
6、パートナーシップ条例の制定を

生活保護制度の周知のため市報に掲載を

鍵山三丁目地内排水ポンプに非常用電源の設置を










〒358-8511 埼玉県入間市豊岡1-16-1 入間市役所内 TEL:04-2964-1111
Copyright(c)2006-2009 日本共産党入間市議団 All rights reserved.