日本共産党入間市議団 市民こそ主人公!福祉とくらし守る市政を
明日のいるま

9月議会にH29年度決算が提出

H29年度の決算の概要報告では「個人消費は所得・雇用環境の改善に比べ依然として力強さを欠いている」としながら、相変わらずアベノミクスを評価し、「今後は2019年10月の消費税率の引き上げを効果的に実施するとともに」、「各種政策により、地域経済が実感できる景気回復を期待する」としています。
 政権の失政と市民生活の厳しさに対する認識が、全くありません。
 一般会計の歳入総額は408億3885万円、歳出総額は396億7359万円で、歳入歳出差し引き額は11億6525万円となり、翌年度への繰り越し額1億7770万円を除くと、実質収支額は9億8755万円となりました。
 一般会計の他、国民健康保険・介護保険・後期高齢者医療・各土地区画整理事業特別会計と水道・下水道事業に係わる決算認定が9月議会に提出されています。
 決算審査は、総括質疑ののち、9月議会閉会後の決算特別委員会に付託・審議され、12月議会の冒頭で討論・採決が行われる予定です。



〒358-8511 埼玉県入間市豊岡1-16-1 入間市役所内 TEL:04-2964-1111
Copyright(c)2006-2009 日本共産党入間市議団 All rights reserved.