日本共産党入間市議団 市民こそ主人公!福祉とくらし守る市政を
明日のいるま

安道よし子議員の一般質問

【有害物質除去・子どもの均等割り軽減・PFI 施行中止】

旧東町側留保地の工事現場でドラム缶125本を発見。猛毒のPCBとベンゼンが検出。入間市への報告は7ヶ月後と遅すぎます。安道議員が情報提供の遅れと汚染物質除去の対応を質すと「ドラム缶を二重に覆い新年度予算で除去費用を確保する」と答弁。地元住民への配慮がありません。「土壌の全域調査と工事中止を防衛省に要請」するよう求めると「工事中止を求める考えは無い」と無責任な市長答弁。
 高過ぎて払えない国保税が問題に。中小企業の協会けんぽ保険料と国保税を比較すると、所得400万円の4人家族で国保税は年額33万4千円。協会けんぽで20万940円と大差です。国保税は頭数に課税される均等割りが負担増に。子どもにも課税のため多子世帯は負担増で少子化対策に逆行します。子どもの均等割りを減免し、子育て支援を求めると、前向きな答弁はありませんでした。
 公共施設マネジメントでは、市庁舎と学校給食センターのPFI施行問題を指摘しました。



〒358-8511 埼玉県入間市豊岡1-16-1 入間市役所内 TEL:04-2964-1111
Copyright(c)2006-2009 日本共産党入間市議団 All rights reserved.