日本共産党入間市議団 市民こそ主人公!福祉とくらし守る市政を
明日のいるま

吉澤議員の一般質問

 学校統廃合計画では、現在の高倉小が閉校となった後、校舎を青少年活動センター等の公共施設とし、避難所にも活用するとしています。私が「校舎が耐用年数を超えた後の対応は?」と質すと、市は「校舎が使えなくなったら地区体育館等を集約する用地になる。避難所として活用できるようにしたいが、現時点では明確ではない」としか答えませんでした。私は「高倉公民館の地域防災計画の避難所の収容人数は142名となっているが、台風19号では70名で受け入れを停止した。その要因は?」と質問。市は「計画の人数は建物面積で割り出した形式的な計算となっている」と答えました。この間、市は「入間市の避難所は現在5万8千人分あり、公共施設を3割減らしても4万人分あるので影響は少ない」と説明してきましたが、計画上の収容人数と実際の収容人数は大きく異なっており、今後に不安が残ります。



〒358-8511 埼玉県入間市豊岡1-16-1 入間市役所内 TEL:04-2964-1111
Copyright(c)2006-2009 日本共産党入間市議団 All rights reserved.