日本共産党入間市議団 市民こそ主人公!福祉とくらし守る市政を
明日のいるま

9月議会が開会
勤福センター廃止・学童を民間委託へ

【市民の願いが届く入間市政の実現を目指し】
9月市議会が9月1日に開会されました。今議会に出された議案は条例4件、市道路線の認定・廃止6件、財産の取得1件、補正予算9件、令和元年度決算認定11件、計31件で請願が1件出されています。
【勤労者の文化活動の場が廃止に】
 条例のうち勤労福祉センターの廃止では、昭和62年に開設され長年市民に利用されてきた勤労福祉センターを「公共施設マネジメント事業計画」に基づいて廃止するもので、勤労者の文化教養活動の場がなくなる改悪となっています。
【学童保育室の時間延長の改訂】
学童保育室設置及び管理条例の改正は、開室時間の延長と保育料の加算額が追加されます。開室時間は現在の午後6時を6時30分にし、延長時間を午後7時までとします。長期休業の朝8時開室が7時30分に拡大し、最大で午前7時30分から午後7時までの利用が可能になります。延長時間加算額は一人一日当たり100円、学校休業日加算額は一人一日当たり120円と280円に所得で区分されます。
【市民税の大幅減を見込んだ補正】
補正予算の歳入では個人市民税所得割が1憶1千万円の減額。生活困窮者の住宅確保給付金は申請者の増加により、2千999万2千円の増加補正となります。
【庁舎と民間委託の債務負担行為】
債務負担行為については、市役所整備(PFIアドバイザリー)事業3千850万円と学童保育事業2千769万円の2件。庁舎整備事業については市民への説明もないまま事業が進められようとしています。学童保育事業では民間委託のための債務負担行為になります。



〒358-8511 埼玉県入間市豊岡1-16-1 入間市役所内 TEL:04-2964-1111
Copyright(c)2006-2009 日本共産党入間市議団 All rights reserved.