日本共産党入間市議団 市民こそ主人公!福祉とくらし守る市政を
写真:小出わたる議員
小出わたる議員

入間市も激動に。

 基地跡地留保地の工事が21日に始まりました。
 公共施設の統廃合計画が、進められようとしています。
 ともに、入間市の将来を大きく左右する大変大きな問題です。
 両方の問題に共通しているのは、市民不在ということです。
 基地拡張の工事は、基地近隣120世帯と自治会長など限られた人だけが対象者でしかもきわめて短時間の不十分きわまりないものでした。この開催さえもできるだけ知らせないで行おうと防衛省はしていました。
 市民説明会を求めて私たちは、北関東防衛局に要請にいきましたが、そのときは開催を明言せず、帰宅すると要請終了から30分後に開催の通知が市議会議員だけに知らされました。
 公共施設のあり方も市民参加の下、進められるべきです。
 市民の財産なのですから。しかし、市民対象の説明は、本当にいいわけ程度なのです。
 今が、私たちにとっても踏ん張り時です。
 
 



〒358-8511 埼玉県入間市豊岡1-16-1 入間市役所内 TEL:04-2964-1111
Copyright(c)2006-2009 日本共産党入間市議団 All rights reserved.