日本共産党入間市議団 市民こそ主人公!福祉とくらし守る市政を
写真:小出わたる議員
小出わたる議員

「対話のための対話では意味がない」?

 安部政権は「対話のための対話では、意味がない」などといって圧力一辺倒です。
 これは事実上の対話の開始を拒否するものではないでしょうか。
 そして国内でやっていることといえば、史上最大の軍事費計上。
 軍事で脅してもどうにもならないことは、この間のトランプ政権の残念な発言が、証明し低ます。
 アメリカさえもハードルを下げて、対話を追求する方向にカジを切らざるを得なくなってきているというのに、なぜ、日本だけがこんな緊張を激化させる態度をとっているのでしょうか。
 「北朝鮮のミサイルを一番喜んでいるのは誰か?」ある人に聞かれて私は「アベさんでは」と答えると「正解」
 自分の思う通りの国にするために、国民を危険にさらしても平気な今の政府の対応を考えると、本当に喜んでいるのではないかと思ってしまいます。
 今までの軍事での脅しは、北朝鮮のミサイルを止めることはできませんでした。
 対話での解決しか方法は残されていないのではないでしょうか。
 
 




〒358-8511 埼玉県入間市豊岡1-16-1 入間市役所内 TEL:04-2964-1111
Copyright(c)2006-2009 日本共産党入間市議団 All rights reserved.