日本共産党入間市議団 市民こそ主人公!福祉とくらし守る市政を
写真:小出わたる議員
小出わたる議員

Aさんからの提言。

 新しく仲間になっていただいたAさんから、入間市党としてSNSを使ってもっと積極的に特に経済政策で能力に応じた公平な税制への転換や、若者が希望を持てる雇用政策などを訴えた方がよいのではないか、などの提言をいただきました。
 また、入間市政についても創業支援奨励金は、現在15万円ですが、それじゃあ新しく商売を始めるきっかけにならないので創業しようという気になる金額にしたらどうか。狭山茶の紅茶を作り、入間市が大々的に売り出してはどうか。ウォーキングコースや市内の公園に健康遊具を設置してはどうか。などの提案もいただきました。
 このまま市政に提案してもいい感じです。
 
 これからも一緒にいろいろな問題を考えて頂けそうです。

会計検査院が、森友学園に国有地が8億円も値引きされて売られた問題で値引き理由になったゴミの撤去費用について「十分な根拠を確認できない」とする検査結果をまとめたそうです。
 財務省も国土交通省も記録を一部しか残していないのですが、国がそんなことで通用するんですか。
 私たちに対する税金の取り立ては情け容赦がありません。
 来年、また入間市の国保税を引き上げる計画が進もうとしています。
 そうした国のしらばっくれで大きな力を発揮した人が国税庁長官にしらばっくれの報酬のように昇進しているんですから、私たちだって税金が払いきれなければ、しらばっくれてしまおうか、という気になってもおかしくないでしょう。
 国民に示しがつきませんよねえ。

 

 
 
 
 



〒358-8511 埼玉県入間市豊岡1-16-1 入間市役所内 TEL:04-2964-1111
Copyright(c)2006-2009 日本共産党入間市議団 All rights reserved.